石岡良治の個人ブログ:経歴などはカテゴリ「プロフィール」をご覧下さい


by yishioka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
事後報告になりましたが、
PLANETS SPECIAL 2010 「ゼロ年代のすべて」の、
ゼロ年代カルチャー総括座談会 アニメ編に参加しました。
メンバーは、石岡良治×黒瀬陽平×中川大地×宇野常寛+有田シュン(司会)です。

もしかしたら、いくつかの「惜しい」作品に対する批判を含めて、抽出された議論を読む限り、還元的に映るところがあるかもしれません。(また、あの作品が挙がっていない、といった批判もありそうです)
しかしながら、実際の座談会では、かなり多くの作品が細部も含めて検討されました。座談会の参加者は、誰一人けっして「細部」を軽視しておらず、かといって「細部」に拘泥しすぎることもなかったと私は考えています。
限られた誌面のなか「ゼロ年代カルチャー総括」という点から、できるだけ焦点のブレないような発言を目指しました。
[PR]
# by yishioka | 2009-12-31 23:10 | おしらせ
雑誌Review Houseの3号(タコシェの紹介ページ)の特集「批評」としてのゲーム実況動画に参加しました。
「「批評」としてのゲーム実況動画」
近年のゲームおよびゲーム批評の動向を、ニコニコ動画に大量アップされている実況中継動画を視野に入れながら考える特集。『アーキテクチャの生態系』の濱野智史、表象文化論の石岡良治、ゲーム評論の井上明人、編集人の一人・黒瀬陽平による70000字座談会を収録。

とあるように、文字数の多さだけでなく、「ルドロジーLudology」(ゲーム研究)の動向もふまえつつ、資料的にも充実を図った記事になっていると思います。
参加者の中で私一人が「団塊ジュニア」世代なこともあり、必然的にレトロ担当になった面があります。ですが、ゲームの「懐古」ではなく、「回顧と展望」をセットで考察すべくつとめました。

他の特集記事も充実しており、梅ラボさんによる表紙も含め、2010年代を見据えた誌面になっていると思います。

バックナンバーも含め、Amazonでも購入可能になっています。
01号
02号
03号

なお、Review House 02号には「ロバート・モリス:自己のスキャニング」を寄稿しています。(当ブログ「プロフィール」の論文参照)こちらもよろしくお願いします。
[PR]
# by yishioka | 2009-12-31 22:37 | おしらせ
久々の更新になりますが、おしらせです。
『ユリイカ』2009年11月号に寄稿しました。
タイトルは「動物と植物に触れる━━伊藤若冲の動植綵絵」。

東京国立博物館の「皇室の名宝」展第一期(2009年10月6日(火)~11月3日(火・祝))で、動植綵絵全三十幅を含む若冲作品が展示されています。
正確に言うなら、釈迦三尊像を欠いていますが、同展のなかでも異質の存在感をみせています。
[PR]
# by yishioka | 2009-10-24 02:51 | おしらせ
作業中の音楽では、同じ曲を延々と繰り返しがちですが、
ここしばらくは、地図がテーマの"Map Ref. 41°N 93°W "(日本語タイトルは「北緯41度西経93度」)をかけっぱなしにしています(Wire版の紹介記事)。
Wireのサードアルバム"154"に入っています。
特に気に入ってるのが以下のサビのフレーズ。
Interrupting my train of thought
Lines of longitude and latitude
Define and refine my altitude

とはいえ主に流しているのはWireのトリビュート盤"Whore"に所収のmy bloody valentine版です。原曲のコンセプトとはすっかり別物になっていますが、もともとマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのファンで、こちらから原曲に遡りました。

ここ十数年(!)、「MBVのニューアルバム」というネタが、音楽ジャーナリズムにおける時候の挨拶となっています。私も何度か引っかかりそうになりましたが……。近年は普通に再結成したものの、もっぱらほぼ同じ曲構成でライブを行っている様子。2008年には来日しましたが、実質的には1996年に発表の"Map Ref. 41°N 93°W "以来、新曲を出していないようです。
その意味では、このバンドは停滞した時間に閉じこめられたままとも言えるのですが、個人的にはあまりそういう印象がありません。それはいわゆる"timeless"な(金字塔となっているアルバム"loveless"に倣うところの)時間を獲得したからではなく(ときにそう考えたくなりますが、そんなことは不可能でしょう)、毎回ライブで長々とノイズパートを演奏する"You Made Me Realise"のような曲の印象が強いからかもしれません。このe.p.の聴取は、"Slow"や"Cigarette in Your Bed"などの曲も含め、けっして停滞とはいえない時間経験をもたらすように思えます。むしろある種の空間性に定位しているとでもいいましょうか。"マイブラ"の真骨頂が、アルバムではなく12インチシングル(レコード時代の呼称ですが)にあることとも関係しているのではないかと考えています。

しかし当の作業の方は、暑さもあってか停滞ぎみ。新ガジェットポメラの投入によって、可動性を高め、効率を上げていくつもりです。
[PR]
# by yishioka | 2009-07-23 04:03 | 音楽
本日(現地では7月7日)葬儀がありましたが、6月25日(現地時間)の訃報を聞いて以来、マイケル・ジャクソンのことを折々考えています。
そこで『スペースチャンネル5 パート2』を購入。
しばらくプレイする時間がとれないため、まだスペースマイケル局長に会うには至っていませんが、今世紀に入ってからの貴重な音楽活動の一つと考えると感慨深いです。

フレッド・アステアと同じく、重力から解き放たれる瞬間が素晴らしいマイケル。

常々、ゲームに現れる「body」を、いわゆる狭義の身体論とは別の仕方で、しかもヴァーチュアル云々という議論と切り離して考えてみたいと思っているのですが、彼のダンスはちょうどよい機会になりそうです。「器官なき身体」と呼んでしまえばある意味簡単なのですが、むしろ天体heavenly bodyのような概念と関連させてみたい。というのも、やや話題は逸れますが、「メディウムの肌理に逆らう━━ロザリンド・クラウスにおけるポストメディウムの条件」の注30(164ページ)で、「メディウムとしてのスター」を考えるという課題を自らに課しているからです。スペースマイケル局長の存在は、「スター」の天体のような身体性を体現(ほとんど冗語のようですが)しているのではないでしょうか。マイケル・ジャクソンは「スター」のさらに上を行く「スーパースター」としかいいようのない存在で、ゆえに私は彼の全盛期には、ほとんど空気のような存在(すなわち媒質?)として遇していたような気がします。「スーパースター」はまた、アンディ・ウォーホルがエルヴィスやマリリン、エリザベス・テイラー(マイケルとの友情はよく知られています)などのために用意したカテゴリーでもあります。

数学における体Körperが、フランス語ではcorpsである一方、英語ではfieldになること(Wikipediaの体 (数学)より)もまた、示唆的なような気がします。数学には明るくないため考察に限界がありそうですが……。
[PR]
# by yishioka | 2009-07-08 00:20 | ゲーム
2008年度に続き、四谷アートステュディウムにて以下の連続講座が開かれます。

岡﨑乾二郎対談/批評(創造)の現在シリーズ 受講生募集中![7月4日開講]
岡﨑乾二郎対談シリーズと「批評(創造)の現在」の連続講座がいよいよ7月4日(土)より開講されます。「批評(創造)の現在」には現在もっとも切れている若手批評家、創作者が登場し、加熱した議論を展開します。
後期からは、批評の現在シリーズで提起された問題と交差しつつ、いよいよ、現在の日本を代表する思想家たちと岡﨑乾二郎との対談シリーズが開始されます。

すでに日時の決まっている「批評(創造)の現在」シリーズは以下のようになります。

■第1回…………
7月4日(土)18:30-21:30
先験的時差ボケ——作品単位と同期性をめぐって[詳細]
講師:
荒川徹[芸術哲学・芸術科学]
草刈思朗 [音楽家]
中井悠[音楽]
岡﨑乾二郎(質疑応答)[造形作家・本校ディレクター]

■第2回…………
7月25日(土)18:30-21:30
講師:
濱野智史[情報社会論]
岡﨑乾二郎

■第3回…………
9月24日(木)18:30-21:30
講師:
大橋完太郎 [思想史・表象文化論]
橋本聡[美術家]
松井勝正[芸術学]
岡﨑乾二郎(質疑応答)

■第4回…………
10月3日(土)18:30-21:30
講師:
手塚夏子[ダンサー・振付家]
三輪健仁[東京国立近代美術館研究員]
高嶋晋一[美術家]
岡﨑乾二郎(質疑応答)

■第5回…………
12月16日(水)18:30-21:30
講師:
木村覚[美学・ダンス研究・批評]
前嵩西一馬[文化人類学・沖縄研究]
柳澤田実[哲学・生態学的人工物研究]
岡﨑乾二郎

※各回のテーマは追って当Webサイトなどでお知らせします。


私は昨年度、「批評の現在シンポジウム」(2008年12月23日)に出席して、大きな刺激を受けました。昨日(7/2)「マイナーアートの歴史」の全六回講義が終わりましたが、この講義の問題意識は、その時に考えたことがもとになっています。
どの分野であれ、「歴史」を意識することと「現在」に対する批評的な関わりが、あたかも相反する営みであるかのように考えられやすいのが実情ですが、それは見かけにすぎず、両者は切り離し得ない。過去と現在を媒介するだけでなく、なんらかの形で未来(評判の悪い言葉になっていますが)への展望を構想することが「批評」の重要な役割だと考えています。

なお、以下の但し書きに気付きました。
*初回よりお申し込みの方には、『述 3——特集 舞台/芸術』(近畿大学国際人文科学研究所紀要、発行:明石書店、定価:3,000円+税)が無料で配布されます。

前回エントリも参照してください。
[PR]
# by yishioka | 2009-07-03 11:00 | おしらせ
『述 3━━舞台/芸術』(近畿大学国際人文科学研究所紀要Vol.5 明石書店)に寄稿しました。タイトルは「メディウムの肌理に逆らう━━ロザリンド・クラウスにおけるポストメディウムの条件」(156-164ページ)。内容構成はこちらになります。
先に翻訳した「ヴィデオ:ナルシシズムの美学」と関連する問題を扱いつつ、より大きなコンテクストに開くよう努めました。
この論考は小特集「美術あるいは劇場」に寄せたもので、イヴォンヌ・レイナーのミニマルダンス論の翻訳などを含め、かなり充実した特集になっていると思います。もう一つの小特集「社会主義リアリズム再考」も、基本文献の翻訳と訳者解題を含み、すでに邦訳のあるボリス・グロイス『全体芸術様式スターリン』と併読することで、ロシア・アヴァンギャルドと社会主義リアリズムの関係に新たな光を投げかけるものとなっています。

なお、訂正があります。
162ページ下段19行目(後ろから5行目)
誤)後者ではカメラとモーターの「非同期性」によって
正)後者ではカメラとモニターの「非同期性」によって
[PR]
# by yishioka | 2009-06-27 04:21 | おしらせ
2009年5月31日発売のPLANETS vol.6(取扱店舗などはリンク先でご確認ください)の記事
■〔インタビュー〕岡田麿里 「真心の想像力」の美学 -思春期を美しく終わらせるために
の取材/構成を、美術家の黒瀬陽平さんと行いました。
より正確なクレジットは、
取材/構成 石岡良治、黒瀬陽平 企画協力 卯月四郎
となります。

とらドラ!について当ブログに書いた記事では、
シリーズ構成も行っている脚本家岡田麿里による素材の取捨選択がすぐれているのではないでしょうか。

と述べるにとどまっていた点について、より具体的にお話を聞くことができたと思います。
私がインタビューに不慣れなため、けっして手際が良好とは言えなかったのですが、
岡田さんや黒瀬さんと作業を行う過程で、まとまった形にすることができました。
とらドラ!以外の話も含めて、結果的に3万字超のロングインタビューとなり、資料的にも充実した記事になったのではないでしょうか。
企画協力の卯月四郎さん、編集の宇野常寛さんに感謝します。
[PR]
# by yishioka | 2009-06-04 09:09 | おしらせ
明日開始なので、告知としては遅すぎるのですが、以下のような趣旨になります。
授業時間などの変更に伴い、導入となる一回目にも理論的枠組みの紹介を行うことにしました。
二回目以降からの受講も可能ですので、こちらに問い合わせてみてください。
配付資料などはそのつど用意します。

石岡良治の「マイナーアートの歴史」
18:30―20:00 木 4/23 5/7 5/21 6/4 6/18 7/2 (全六回)

様々な表現の歴史を「マイナーアート」という観点から見直す試み。装飾文様、口承文芸、絵巻物や絵本などの「民衆芸術」、児童文学、アール・ブリュットといった「周縁的」とみなされる分野、そして映画、マンガ、アニメーションなど現代の「ポピュラーカルチャー」に関して、多数の資料を紹介しながら歴史を辿ってみたい。また、メジャー/マイナーの区別について考えるために、ウイリアム・ブレイクやパウル・クレーなどのアーティストの作品や、リアやキャロルなどのナンセンス文学を検討する。最後に、それらの資料をふまえた上で、マイナーアートを考察する従来の理論的枠組みを紹介し、新たな展望を探っていく。

[PR]
# by yishioka | 2009-04-22 16:25 | おしらせ
2009年3月31日-6月7日まで、東京国立近代美術館で開催される ヴィデオを待ちながら 映像、60年代から今日へ 展覧会カタログに拙訳が掲載されました。
連続講演会などを含めてかなり充実した企画で、同時代の絵画・彫刻・パフォーマンスなどとの関係を重視したキュレーションによって、映像作品に対する先入観を問い直すものとなっています。なによりも展覧会場に数多く並ぶ「ブラウン管のモニタ」が圧巻です。
カタログの方でも、企画者の三輪健仁+蔵屋美香による図版解説や三輪健仁の序論「不純なる媒体:1970年前後の映像について」が企画意図を明確に示しています。

また、「文献再録」という形で重要な翻訳論文が三つ収められており、順に、
ロザリンド・クラウス「ヴィデオ:ナルシシズムの美学」石岡良治訳
ベンジャミン・H.D.ブクロー「リチャード・セラの作品におけるプロセス彫刻とフィルムについて」三輪健仁訳
リズ・コッツ「ヴィデオ・プロジェクション:スクリーンの間の空間」木下哲夫訳
となっています。
森大志郎+松本直樹のブックデザインの効果もあり、コンパクトかつ充実したカタログになっているのではないでしょうか。

1976年に書かれたクラウスの論文は雑誌Octoberの創刊号に掲載されたもので(他にはフーコー『これはパイプではない』英訳などもありました)、モダニズム批評との関係など、ハイコンテクストな部分を多く含むため、訳注で若干の解題を試みました。
[PR]
# by yishioka | 2009-03-31 01:49 | おしらせ
ワタリウム美術館のミュージアムショップ、オン・サンデーズB1 ギャラリーにて、3/27-4/27まで開催中の中原昌也 ペインティング/ペンディング展のカタログに寄稿しました。
タイトルは「ワン・ショット・アフター・アナザー:中原昌也のためのソングブック」。
図録となるカタログには、三田格による中原昌也インタビューに加え、椹木野衣山内崇嗣、石岡良治のテクストが収められています。

3/27のオープニングイベントに行きました。
【アーティスト・ライヴ&トーク】
■3月27日(金)中原昌也+椹木野衣

最初はトークショーだけかと思っていたのですが、本当にこの構成で、前半の一時間強は二人のライヴ!が行われ、トークがその後続きました。こういう時は音楽を語る語彙の少なさに忸怩たる思いです。
会場は常時更新されていくようなので、何度か様子を見に行けたら、と考えています。

追記
カタログ紹介ページができたようです。

『中原昌也 ペインティング|ペンディング展 カタログ』
B4サイズ(広げるとB1サイズのポスターになります)
定価 1500 円+税 
発売日:3月27日

掲載内容:
中原昌也による絵画作品26点
中原昌也へのインタヴュー「いらない人間たち」:三田格
批評1「比較的自由な魑魅魍魎」:椹木野衣
批評2「我輩はカモであるかも」:山内崇嗣
批評3「ワン・ショット・アフター・アナザー:中原昌也のためのソングブック」:石岡良治


図版三枚目の右下が私の文章部分になります。
[PR]
# by yishioka | 2009-03-28 06:23 | おしらせ
ニンテンドーWiiが、3/26にバーチャルコンソールアーケードの配信を開始しました。
バンダイナムコゲームスの該当ページを見た途端、どうしてもギャプラス(公式動画)の購入を決意せざるをえませんでした。
これは1984年、すなわち四半世紀前のアーケードゲームで、リアルタイムで遊んでいました。スコア上位5人のネーミングに年齢欄があるのが一つの特徴ですが、その頃は「12」と入力していたわけです……

ちなみにこの種の「レトロゲーム」の販売は、現在では珍しくないですが、初代プレイステーションとセガサターン世代の時、前者を購入した決め手が、『ナムコミュージアム VOL.2』だったりします。

スペースインベーダーにはじまる固定画面シューティングゲームの歴史において、現在ではギャプラスは、タイトルの通り「進化の袋小路」として位置付けられることが多いように思います。
当時のナムコでは、ギャラクシアン(1979)→ギャラガ(1981)→ギャプラス(1984)という系譜があったわけですが、ギャラガがゲームセンターで恐るべき長寿ぶりを発揮したため、後のシリーズはギャラガから派生することになりました。
STGに関しては、1980年代のギャラガ、1990年代の雷電は、どこのゲームセンターにも必ず置いてある定番でした。現在このような定番が絶えて久しいことについては幾ばくかの感慨があります。
このように、ギャラガは豊かな系譜を誇っていますが、個人的なフェイバリットは圧倒的にギャプラスです。スペースインベーダー以後の「文法」だった、自機は左右移動のみというシステムを変え、画面下半分に限り、八方向移動が可能になった代わりに、敵機の異常なまでの高速移動(今なお31面の速度を見ると笑えます)、14面以降で敵を打つと発生する打ち返し弾の存在(厳密には1980年のサスケVSコマンダーが最初ですが)などにより、見かけ上の難易度が大幅に上がったため、取っつきにくくなったと言われています。

しかし実際にギャプラスが短命だった理由は、難易度が早々と上限に達する上、自機エクステンドの条件がきわめて緩いために、エンドレスプレイが容易だったというのが実情でしょう。
ですが、まさにこの特性がもたらす終わりのないプレイ感覚が、私が今なおこのゲームが好きな理由です。当時は最高でだいたいPARSEC150(この無意味に壮大な面数表記も気に入っています)ぐらいまでは遊べていました。今はからきし駄目ですが。

時折理不尽な高速攻撃をギミックとして取り入れるゲームは以後も多く見られますが、ギャプラスのように、デザインのメインコンセプトが高速STGであるものは思いのほか少なく、他にめぼしいタイトルとしては弾銃フィーバロン(1998)ぐらいだと思います。こちらも弾幕シューティング中心のケイブにおいては異色作にとどまっています。

上記の部分にどうしても回想が入り混じるように、レトロゲームがほとんどの場合懐古の対象であることは否めないでしょう。しかしここで取り上げた高速STGというコンセプトは、単なるノスタルジアにとどめ置かれるようなものでは決してありません。

例えば2008年にXBOX360のLIVEアーケードで出たギャラガレギオンズ。このタイトルは、名前こそ「ギャラガ」ですが、自機移動のシステム、敵群体の高速移動など、あからさまにギャプラスのゲーム性を色濃く継承しています。ギャラガに似ている部分の方が少ないぐらいです(公式動画)
もっともギャラガレギオンズは、編隊の軌道を先読みするパズル要素、難易度上昇の配分のアクの強さなどによって、ギャプラスとは別の意味で、定番とは真逆のゲーム性を持っています。ゆえに必ずしもヒットしたとは言えません。私も未クリア状態ですが、弾幕ならぬ「敵幕」(のちに扱いたいと思っています)など、さらに煮詰めていけば別方向に展開可能な「新たな」アイディアも多く含んでいるように思います。

このような試みの存在は、いわゆるメインストリームとは別のラインにおいて、「レトロゲーム」から新たな系譜を発生させる可能性を予感させます。ゲームにおける「進化」では、仮にある時点で特定の経路が袋小路に見えていても、けっしてその系統が「絶滅した」わけではなく、系統が休眠状態に置かれていると考えるべきなのでしょう。もちろん多くの場合、発展の見込みが薄いことがその原因だとは思いますが。
ギャプラスという特異なタイトルの来歴から、そうした事情の一端をかいま見ることができるのではないでしょうか。

なお、何度かプレイしたところ、自機エクステンドアイテムである「スペシャルフラッグ」の出現表(こんなcgiを見つけました)を今でもそこそこの精度で覚えていたのには驚きでした。サイクロンビームのSEなど、中毒性のある音も健在(あたりまえですね)。PARSEC26で終わってしまいましたが。
[PR]
# by yishioka | 2009-03-26 23:45 | ゲーム
前のエントリとも関係するのですが、アニメを通して「少女マンガ」について考える機会が増えたように思います。1で扱った『とらドラ!』は厳密にはマンガではありませんでしたが、今回扱う『まりあ†ほりっく』『続 夏目友人帳』は、まさにそうしたマンガ原作のアニメです。


(このエントリは書きかけです)
[PR]
# by yishioka | 2009-03-25 23:30 | アニメ

二周目

あらゆる分野に関して、つねにアクティヴに関わり続けることは事実上不可能です。
関心領域が分散的な場合はなおさらです。
私は比較的長い間、いくつものマンガ雑誌を毎号チェックしていたのですが、
数年前に一度それをほぼ休止し、事実上「単行本派」的スタンスに切り替えていました。
最近はそこから少しずつ回復しつつあり、様々な意味で「二周目」の心境ですが、
そう思うようになったのは、「休止中」も購読し続けていた週刊少年ジャンプを通じてです。

とはいえ少女マンガ誌チェックは今なお再開しておらず、マンガ読み?失格といった現状かもしれません。ですが、詳しくはアニメを通して「少女マンガ」を考える1の続きで書きますが、アニメとマンガの関係を以前より密なものとして考えるようになりました。

さて「二周目」というのは、端的に言うなら、思春期的なモチーフに対する関わり方にあります。ざっくばらんに言うなら「中二病」ないしは「邪気眼」的な想像力との付き合い方になるでしょうか。
この名称自体ほとんどの場合揶揄なので、誤解を招きたくはないのですが、その種のモチーフが個人的に今かなり楽しくなってきています。一例をあげましょう。

感情移入や没入に過度に依拠する評価基準が好きでないこともあって、作品に入り込めるかどうかをそれほど重視してはいないつもりなのですが、それでも楽しみ方がなかなかつかめていなかった『D. Grey-man』の見所が、ここ二週でようやくわかってきたような気がしています。今なお言語化は難しいのですが……
これまでどこに困難があったかというと、かなり細かく断片化されているエピソードを理解しようとするときに、キャラに注目して追跡する読み方に限界を感じていたわけです。
ストーリーかキャラクターかという擬似問題で言うと、一応は後者を重視していることになる『D. Grey-man』は、休載が多く、そのたびに絵柄が変わっていくこともあり、キャラの同一性にこだわるとかえって理解の邪魔になる。といってもバトルの流れそのものに特徴があるわけでもない……
しかしどこか気になり続けていました。

このディレンマの突破にあたっては、『BLEACH』と『家庭教師ヒットマン REBORN!』が大いに役に立ちました。
『BLEACH』は「虚(ホロウ)」といった基本設定、毎回の扉絵に見える作者の自意識など、邪気眼系中二マインドの模範とでも言うべきマンガです。

以下続きます。
[PR]
# by yishioka | 2009-03-17 01:11 | マンガ

作業中の更新は

当ブログは、現時点では日記的なエントリは最小限にとどめようと思っているのですが、
諸々の作業が続いている結果、更新が止まっており、継続の危機?を感じています。
できるだけ気軽に書くつもりが、あまり気楽になれていないのかもしれません。
現時点で「日記」となっているカテゴリをもう少し細かくしていくつもりです。
コーヒーブレイク中の覚え書きとして。
[PR]
# by yishioka | 2009-03-15 12:00 | 日記